前へ
次へ

買取と下取りにはどのような違いがあるか

車を買い替えている方々は、よく下取りを行っています。
ディーラーなどで車を買い換える際に、下取りで車を売っている方も多いです。
ところで下取りは、買取とは異なります。
確かにディーラーによる下取りも、車を売る事にはなります。
ですが買取専門店と違って、新しい車を買う事が前提になります。
ディーラーで買い換えるとなると、もちろん新車も買う事になる訳です。
しかし今まで使っていた車は不要になりますし、ディーラーには売る事になります。
つまり「新車購入」する事を前提に、車を売る訳です。
それに対して買取専門店の場合は、必ずしも車を買う訳ではありません。
あくまでも車を売るだけであり、その専門店で新車を購入しないケースも多々あります。
専門店では、あくまでも買取限定になる訳です。
なお下取りと買取は、たいてい買取の方がお得です。
下取りの場合、売却額は低めになってしまう傾向があります。
専門店は買取のノウハウも豊富ですし、全体的に売却額は高めです。

Page Top